スキンケア依存症になっていない?

あなたはどんなスキンケアをしえいますか?スキンケアやメイク関係はお金をかけようと思えばいくらでもお金をかけることができますが、手間隙をかければ美肌になれるとは限りません。

お肌のためには本当はどんなスキンケア方法が効果的なのか、アドバイスしていきます。

キレイにしているつもりでも、やればやるほど汚いお肌に?

毎日メイクをする女性は、顔にファンデーションやアイシャドウなど、添加物が入ったコスメ用品を使い見た感じはとてもキレイに仕上げていますが、お肌にとっては苦痛を強いています。

顔色やシミ・シワを隠すためにファンデーションを厚塗りしてしまうと、ますます肌を追い詰めることにしかなりません。素人考えではお金をかけさえすればキレイになれると思いがちですが、お肌の再生力を無視しているとお肌はますますボロボロになっていくのです。

お肌は排泄器官

毎日化粧水を付ける理由は、一般的には、お肌の角質層に化粧水を浸透させようとしているからですが、実はお肌は排出器官なので、汗や皮脂を出しはしても、そう簡単に水分を吸収してはくれないのです。

お肌の構造は4層に分かれていますので、表面ではなく奥にある角質層にまで届かないと、お肌の内部まで潤すことはできません。
ところがお肌はなかなかゆるむことがないので、内部から水分が失われない代わりに、入ることもすくないのです。

そんなお肌に水分が入る瞬間は、湿度が保たれている場所でもあるお風呂です。
なので、お肌の潤いが続いているお風呂上りに化粧水や美容液を付けると効果的なのです。

ここで注意点はひとつ。42℃以上のお湯ではお肌の中の水分が流出してしまうので、注意が必要です。

お肌をすこやかに守ることができる白ワセリン

じゃあどんなスキンケア用品がいいの?と思われるかもしれませんが、値段も手ごろで医療現場でも使われることが多い「白ワセリン」は、お肌にもなじみやすく、特に白ワセリンは界面活性剤が入っていないので純度も高く、スキンケアのやりすぎで弱りきったお肌にもすぐに浸透していきます。

おわりに

キレイになりたいと思ってスキンケアをやっているのに、裏目に出てしまっては元も子もないですよね?
一旦自分のスキンケアを見直してみることも、美しくなる第一歩と考えましょう。

私のオススメはディセンシアの保湿化粧品つつむです。
つつむの口コミを見て、1000円ちょっとで洗顔から化粧水までついてきて良いな〜と思っているので気になる方はどうぞ!

ディセンシアつつむトライアルセット体験談

サブコンテンツ

このページの先頭へ